048-762-9061
電話・メール・LINE予約はこちら

やっぱりご飯を減らせってことですか?

やっぱりご飯を減らせってことですか?

 

あるアトピー患者さんの胃のツボを見て、「食べ過ぎですねぇ。食べる量減らした方がいいですよ」

とお伝えしました。

 

それから二ヶ月くらいたったある日、こんなことを言われました。

「ここ二週間くらい、ご飯の量を減らしてるんですけど、そしたらなんか、手の症状がマシになってきたんです。やっぱりこれって、ご飯を減らせってことなんでしょうか?」

 

私は答えました。

「そういうことになりますよね♪」

 

患者さんは言いました。

「えー。食べるの好きなのになぁ」

 

私「・・・(笑)」

患「結果出ちゃってますもんねぇ。やるしかないかぁ」

 

食べるの大好き患者さんとの会話ではよくある光景です(^^♪

食べることが大好きで、食べる量を減らしたくはない。

だから自分の手のアトピーがいつまでも治らない理由を「食べ過ぎ」であるとは認めたくない。

しかし、減らしてみたら、手のかゆみが楽になってる・・・

ああ、楽に、なって、しまった…

 

食べる幸せをとるか、皮膚がきれいになる幸せをとるか。

究極の選択ですね(笑)

 

現代人は食べ過ぎです。特にアトピーの人は食べ過ぎです。

正確に言うと、食べている量自体が多いか少ないかではなく、食べている量に対して、胃袋が処理しきれる量を超えてしまっているということです。

 

食べる量を減らすと、最初のうちは物足りない感じがしますが、それもしばらくすると落ち着いてきます。見せかけの食欲だということに気づきます。

 

みなさん、少ない食事量で幸せを感じられるようにしてくださいね。

すると、この方のように、(あ、この人は、幸せじゃなかったか・・・)かゆみのない幸せが訪れますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。