048-762-9061
電話・メール・LINE予約はこちら

目、指のアトピー性皮膚炎の鍼灸治療例(5)

患者

40代女性

初診

2018年8月

主訴

アトピーによる顔、特に目の周り、手指(指間)の発赤とかゆみ

 

状況

6月に右目がかゆくなり、そこからだんだんと赤くはれてきて、ステロイドを2週間塗って赤味やかゆみが引いたが、それはそれで怖くなり、塗るのをやめて、1か月経つ。今は元に戻っている状況

子供のころに小児喘息を患っており、その時ステロイドを使用していた。

22歳のころに、顔や全身にアトピーが広がり、出歩くことができなかった。

ここ6年くらいは夜勤の仕事をやっている。家に帰って化粧を落とした時にかゆみが出てくる。

一日のかゆみの持続時間

1時間~6時間

既往歴

翼状片

その他の症状

腰痛、便秘、胃もたれ、胸やけ、足のむくみ、手足の冷え

便通は二日に一回、硬めの便が出る。

汗は夏場でも出ない。

鍼灸治療について

週1回ペースで治療開始。

最初の数回

施術直後は目の周りの赤味が増えるが、腫れぼったくなることはなくなった。

1か月後(5回目)

施術直後に赤くなることはなくなり、むしろすっと赤味が引くようになる。

施術の効果が1週間近く続くようになってきた。

「なんで治療した後って赤味が引くんだろう、不思議・・」という言葉が印象的。

2か月後(10回目)

目の周り赤味なく、指の周りもかゆくない。

比較的最後まで残った頑固な指の股のかゆみ・荒れ症状もなくなったので継続治療はここでいったん終了。

まとめ

目の周りだけが赤くなる、かゆくなる、という方は結構多い。この方は女性で、化粧などをすると特に悪化する。

治療をすると最初は効果が数日しか続かなかったのが、次第に持続時間が伸びるようになり、無事卒業の運びとなった。

お体を拝見すると順調に良くなっているのだが、症状の波はあったので、その都度患者さんは不安を口にされていた。

当院ではこのような場合に、初回か2回目あたりに写真で記録をしているので、最初の頃の状態と現在の状態を見比べることができる。

すると、「かゆみがある・赤味もある・変わっていない」という印象をお持ちでも、写真を見ると、「あ、変わってる・良くなってる・前より赤くない」と口にされることもよくある。

「かゆいかかゆくないか」のみにフォーカスしてしまうと、実際は良性方向に変化しているのに、「変わっていない」という印象を持ってしまい、それが又悪い方へ傾くきっかけになってしまう。

一足飛びに良くなりにくいのが特徴のアトピー性皮膚炎ではあるが、しっかりとした観察と、体の状態をよくすることを積み重ねることで、きっと出口は見出せる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。