048-762-9061
電話・メール・LINE予約はこちら

アトピーっていうか肌荒れじゃない?

どうもこんにちは!鍼灸一陽です。

うちは「アトピー」の看板を出していますので、当然アトピーの方はやってきますが、皮膚の状態というのはホント人それぞれです。

皮脂が全くなく乾燥している人もいれば、ジュクジュクで汁だらけの人、ゴワゴワな人、真っ赤な人等、まさに十人十色。

で、先日いらっしゃった新患さんのお肌を見ると、「これホントにアトピーかなぁ」という感じの皮膚。そういう方も結構いらっしゃいます。

「これは、何か食べ過ぎてる感じの皮膚ですねぇ?」

「あぁ、確かに最近よくストレスで食べる量増えてます。しかもお菓子。。」

なんてやり取りがありました。

続けて、

「便秘とかしてません?」

と聞くと、

「そうなんです!最近仕事が忙しくなって、しかも会議が増えたんでトイレを我慢することが増えたんです!」

とな。

「このお肌の状態は、アトピーというより、単なる肌荒れの方に近いですねぇ」

という事をお話しさせていただきました。

お医者様からはアトピー性皮膚炎だという診断を受けたようですが。

よく、「便秘をすると肌が荒れる」なんて言いますよね?

私の印象としては、その肌荒れがひどくなってる状態という感じ。

もちろん私に診断権なんてないし、アトピーかどうかよりも、患者さんの今の状態が良くなるかどうかの方が大事なんで、そんなところにこだわってるわけじゃあないんですけど、「アトピー」って聞くとどうしても、「治りにくい」っていうイメージを持ちやすいんですよね。

で、この方の病歴はそんなに長くなかったし、「ひどかったらどうしよう」的な心配もあったようなので、そういう意味も込めて「これは「ザ・アトピー性皮膚炎」というよりも、肌荒れがちょっとこじれたっていう印象ですね。食べ過ぎと便秘のダブルパンチで肌が荒れている状態ですよ」とお伝えしました。

人間って言葉の使い方・考え方・受け取り方で結構簡単に影響を受けるものです。

「私はアトピー」

って、なんというか、「言葉に持ってかれて」悩む人もいると思うんですけど、

「ちょっとヒド目の肌荒れ」

って感じにとらえ直してみるのも一つアリですよね。

「アトピー」って聞くと、「いつまでも治らない」

ってイメージだけど、

「肌荒れ」

だったら、「治って当たり前」

的なイメージに変わりません?

どういう言葉・どういうイメージを脳に刷り込ませるか?ってとても重要なことです。

だから、

「あーそうね。そう考えた方が気が楽だわ」

って思えるなら、そっちの方がいいですよね。

だってやるべきことは同じなんですから。

わざわざ西洋医学的なレッテルを張る意味って特にないでしょ?

っていうのが私の持論です。

現状が変わらなくても、言葉のチョイスと捉え方で楽になるなら、そっちでイキマショ!

っていう提案です。

積極的な・イケイケなポジティブ思考というよりは、その一歩手前の、「テンションを上げ過ぎず、下げ過ぎない、ネガティブにならない思考」といいますか、「淡々思考」といいますか、「屁理屈思考」と言いますか(笑)

私、人生に淡々力と屁理屈力って必要だと思うんですよね。

あなたもぜひ身につけてくださいね、淡々屁理屈力(笑)

編集後記
2週間前後で花を買い替えるのですが、春になって色んな花が置かれています。もう慣れたお店なので、広い店内を大体5分で2鉢選んで帰ってきます。これで失敗することはほとんどないんですが、先日は一つミスを犯しました!香りがきつすぎる・・・(笑) 院内にはあまり大きすぎる花や色の濃いもの、においの強いものは置かないようにしています。あまり圧迫感のあるオハナはそれだけで疲れてしまうので。今回のオハナ。花好きには良い香りですが、そんなに花が好きでなくしかも体調がすぐれない人などは「臭う」という感覚になると思います。ゴメンナサイネ。許してくださいね。春ですからね。。どんな理由だ!!

 

ー編集後記しか読まない方への記事要約ー
屁理屈で生きよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。