048-762-9061
電話・メール・LINE予約はこちら

夜勤仕事の方のアトピー性皮膚炎の鍼灸治療例(7)

患者

20代男性

初診

2018年9月下旬

主訴

「アトピーがつらい、夜眠れない」

問診

高校生のころから症状が出始め、特に夜中に掻いていた。

症状は社会人になってから特にひどくなる。

仕事中は平気だが、仕事が終わって帰宅したとたんにかゆみが出てくる。

毎日掻きながら眠る。

かゆくなければすぐ眠れるが、かゆい時は1~3時間眠れない。

思い当たる原因は、半年前に夜勤の仕事に就いたこと。

今の仕事になってから、ひどい状態が固定してしまった。

それと、ずっと禁煙していたが、今年から喫煙し始めたことも要因として考えられる。

このままではまずいと思い、本気でアトピーを治そうと思い始めたことで、受診を決意。

状況

かゆみのある部位

頭、おでこ、耳、あご、首の前・後ろ、胸の前、わきの下、上腕、前腕、手の指、肘、手首、背中全体、肩甲骨、腰、上腹部、下腹部、脇腹、おしり、肛門、陰部、太もも内側・外側・前面・後面、膝、くるぶし、足の甲、すね、ふくらはぎ

睡眠

かゆみで二回以上目が覚める

一日のかゆみの持続時間

1~6時間

仕事への影響

仕事を休むことがある

休日の行動への影響

出かけるのもしんどいし、出先でもしんどい

ステロイドの使用状況

毎日ほぼ全身に対して使用している

治療

週1回ペースで治療開始。10月いっぱいは、かゆみきつく眠れない日々が続くが、10月末から、体内に熱のこもったような独特のにおいが消え始め、11月に入ったとたんにかゆみがだいぶ落ち着き、「すごく楽」との声が聞かるようになる。

まとめ

ご本人がかなり気合を入れて食事療法、ストレッチを実践してくれた方だった。このままでは今の仕事を辞めなければならなくなるという不安が、そのような行動を起こさせたと推測される。

本当は、傷がなく、ツルツルの状態、つまり完治してから卒業してほしかったが、男性の場合は、多少傷跡が残っていたとしてもかゆみがなくなればオッケーという人が多い。このかたは、「傷跡はあるがかゆみが全くない」という状態で2、3回ほど来院されて、そこで来院されなくなった。いつも夜勤の仕事の後、直接来院されていたので、スケジュール的にはかなり詰め込んで来ていただいていた。

とにかく急性期だけでもしのぎたい、という方は2,3か月前後で落ち着く方が多いので、こういう例も参考にしていただければと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。